住職の一言

 早いもので今年もあとわずかと成ってしまいました。


私事では有りますが、60年目の節目の年、色々なことが有った一年でした。


納骨堂の工事が始まり、梅や櫻の季節を愛でながら、お彼岸を迎え、三男の結婚式を無事終え、梅雨を迎えました。


母の突然の旅立ちは梅雨明け間近の、青い空。


まるで少女のように皺一つない死に顔は不思議そのものでした。


暑かった夏は突然途切れ、いつの間にか秋の気配。


お盆、お彼岸と時は流れ、還暦も過ぎ、寒さの冬に向かっています。


お陰さまで納骨堂も無事に落慶出来、まずは一安心です。


当日は多くの方のお参りを頂きましたこと、お礼申し上げます。


今年も大勢の方におかげを頂き、無事過ごすことが出来、感謝申し上げます。


サイパン島慰霊法要

 今年は、戦争が終わって70年目になります。


当たり前のように70数年前は戦争が有り、大勢の人が亡くなっています。


慶国寺の檀家のご先祖様にも12名の方が戦争の犠牲と成っています。


昨年の暮れあたりから組寺で何処かで慰霊法要をと計画し、11月17~19日とサイパン島にある「中部太平洋戦没者の碑」にお参りに行ってきました。


サイパン島は日本の南、約2500kmにある島で、昭和19年6月から7月にかけ大勢の日本人の犠牲者が出た島です。


慰霊碑に日本から持参した供物を捧げ読経・焼香・当山を始め、組寺各山の犠牲者の霊あわせて八十六霊の回向をして参りました。


今回、準備出来なかったお寺さんを合計すると東部地区からは百名以上の方が亡くなっていたのかと思うと今の世の有り難さがつくづく思い知らされます。


当時民間人も多く住んでいたとのことですが、多くの方が断崖から身を投じて亡くなったそうです。


バンザイクリフと名付けられた場所には千葉県遺族会が建てた「平和祈願の碑」もあり建立者の中には世話人の石井猛さんの名前が有りました。


日程の都合上、テニアン島に渡航出来ず残念でしたが、海岸からお参りさせて頂きました。

合掌


今月の聖語

日蓮宗 ポータルサイト 「今月の聖語」より
日蓮宗 ポータルサイト 「今月の聖語」より

= 妙の意味=

「功徳」とは、善い結果をめざす精進努力のことです。


「失敗は成功のもと」とも言いますから、精進努力は必ず報われるものです。


「妙」は、細やかで美しく、優れている様子です。さらに自然や人、文物を見て、その心に触れることを意味しています。これによって、総ての本質を正しく知ることができるのです。


合掌して、今年一年の総てのことを「妙」の一字に集約し、新しい年をより善く、安穏な社会が実現するよう祈りましょう。




『妙心尼御前御返事』

このご遺文は、日蓮聖人の信徒の妙心尼が、亡き夫の菩提を弔うために、聖人のもとへ供養の品々を届けたことに対する礼状です。

まず、供養の志に故人も喜び、遺した家族をおもいやっているであろうと述べられました。

次に、花が種や実となるように、「妙」の文字には、凡人が仏となる不思議な力があると信仰の世界を示されました。そして「妙」とは一切の功徳を合わせたものだと結ばれています。


弘安三年(一二八〇) 聖寿五十九歳


日蓮宗 ポータルサイト >>>>http://www.nichiren.or.jp


教えて!お上人さん

〜仏事の質問箱〜

Q_注連飾り(しめかざり)の意味を教えて下さい?


A_注連飾りは注連縄にウラジロ、ユズリハ、ダイダイなどをあしらって作ります。

 

ウラジロは常緑葉であることから長寿を意味します。

 

ユズリハは新しい葉が出てきて初めて古い葉が落ちることから、次の世代に家系をしっかりと受け継がせ、絶やさないようにとの願いが込められています。

 

ダイダイは、その家が『代々』栄えるようにとの語呂を掛け合わせ、縁起の良いものとして使われています。

 

お正月が近づくと、玄関口や神棚などに注連飾りを行いますよね。

 

これは、自分の家が年神様(各家々にやってくる新年の神様。

 

1年の実りと幸せをもたらすために降りてくると考えられている)を迎えるに相応しい場所であることを示すための行いなのです。

 

キレイに掃除をして新たな気分で新年や年神様を迎える準備をしましょう。


お家で旅気分

〜皆さんの旅行体験をお聞かせ下さい〜

山形県尾花沢市 銀山温泉(ぎんざんおんせん)


銀山温泉はNHK連続テレビ小説『おしん』の舞台となったことで一躍脚光を浴びました。


その後、全国的にこの地の名前が知られることになりました。


なんとも言えないレトロな雰囲気に惹かれてしまう銀山温泉。


大正から昭和初期にかけての旅館建築が銀山川の両岸に立ち並ぶ町並み。


銀山川には多くの橋がかかり、また歩道にはガス灯が並んでいます。


雪景色の中で光り輝くガス灯はその街並みをさらに美しく演出してくれます。


銀山側下流側から温泉街を眺めた大正ロマン漂う光景は、温泉のシンボル的な風景です。


この光景を守るため、国指定有形文化財として町並みを保存する条例が定められています。


多くの旅館が建築された当時は非常にモダンな三層四層の木造バルコニー建築として注目を集めました。


銀山温泉の特徴として、温泉宿の外装には鏝絵(こてえ)が施されております。


鏝絵とは左官職人が漆喰で作った浮き彫り彫刻絵のことです。


なかでも大正4年に建設された木造4階建の『古山閣』は芸術品としても価値がとても高いようです。


2階の壁面を彩る華やかな鏝絵は、鯉のぼりや雛人形など、一年の季節の風景が描かれています。


古山閣の鏝絵は必見です。立ち寄った際は是非拝見してみてください。


今月のまいう〜♪

〜美味しさは、明日への活力!!〜

タベルナ デル ヴィットリオ/イタリアン


イタリアンの街、松戸。

食通の間では、雰囲気のあるお店が多い事でも知られています。


耳に馴染むBGMが緩やかに流れる店内は心地良く、松戸駅周辺では老舗のイタリアンとして営業しています。


さて、今回注文したのはモッツァレラチーズとバジルトマトパスタ。


チーズの旨みがギッシリ詰まっていて物凄く美味いですよ。


きっと自分で真似をして作ってもこんな味にはならないと思います。


ランチ時には前菜とバケットとデザートとドリンクがセットになったミラノセットというオプションが付けられます。


これでボリュームも満点の食べ応えになります。


松戸駅周辺でパスタを食べるならタベルナで決まりですね。


ここでの食事は、間違いなく至福のひと時を過ごせる事と思います。

 

タベルナ デル ヴィットリオ/イタリアン

 住所 千葉県松戸市本町20-20

電話 047-368-1959

営業時間 昼:11:30~15:00(L.O.14:30)

     夜:17:00~23:00(L.O.22:30)

定休日  月曜日

JR松戸駅・西口から徒歩2分


新たな年を迎える秘訣

年末のこの時期、各地では『歳の市(としのいち)』が行われています。


歳の市とは、年の暮れ、13日から23日頃まで、お正月に関係のある縁起物や飾り物、その他年越しから年明けに必要な物を売る市のことです。


羽子板市とも呼ばれています。江戸時代から盛んに行われてきたこの市では、参詣者が多く集まるお寺や神社の境内、門前町などで賑やかに振る舞われてきました。


特に有名なのが、東京の浅草寺や神田明神、大宮の氷川神社、川崎の平間寺、鎌倉の鎌倉八幡宮です。


大きな都市だけではなく、地方都市でも年末になると各地に歳の市が立ちます。


周辺の農漁村などから正月の準備のために多くの人が集まってくるのです。


その中には自分達が作った、神棚、注連飾り、破魔矢、門松、盆栽、ほうき、まな板、包丁、こんぶ、羽子板、かるた、箸、茶碗、屠蘇散などを売る人がいます。


お正月準備の様子が伺えますよね。


農漁業の方達は飾り物や縁起物などをこの歳の市で売って収入を補っていました。


この歳の市は、新年を迎える為の貴重な収入源なのです。


さて、年の瀬も追ってくるこの時期は、今年1年間の良かったことや悪かったことなどを見直す時期でもあります。


この1年間の出来事において、目に見るもの、見えないものがよくわかるはずです。


自分自身で気が付いたこと、気が付かなかったこと、この1年で積み上げてきた良い行いや悪い行いをよく振り返ってみましょう。


きっと、この反省が来年の決意を高めることになります。


年末年始の準備で忙しい時期だとは思います。ですが、この1年を振り返って、来年はどんな1年を送るかを考える。


この事がより新たな気持ちで新年を迎える秘訣です。


是非試してみてください。

 


今月の行事

12月12日(土)13:00~ 

題目講


12月18日(金)14:00~ 

写経会


12月21日(月)10:00~ 

お炊き上げ法要

知応(長男)子安堂大祭にて
知応(長男)子安堂大祭にて



花鳥風月だより PDF閲覧版

平成27年12月 第21号 計4ページ

>>>>詳細はここから


花鳥風月だより ダウンロード版

ダウンロード
平成27年12月 第21号.pdf
PDFファイル 2.2 MB

最新号をいち早くお知らせ。

最新号のご案内をLINEまたはメールでお知らせしております。

詳しくはここから

>>>>【最新号のご案内】



皆様からのご意見、ご感想をお待ちしております!

メモ: * は入力必須項目です