住職の一言

お彼岸も無事終わり四月となった。


このお便りも無事に一年発行することが出来、何よりである。


読者の皆様から暖かいお声を戴き感謝の限りである。


梅の季節が過ぎ桜の花の真っ盛りである。良い季節になった。


先日行われたお彼岸のお中日の法要には、初めての試みであったが、檀家の皆様にお声をかけてみて、多数の参詣があり、ご先祖様たちはさぞ喜んだに違いない。


ご先祖様から連綿と繋がっている私達。感謝の気持ちをさらに感じた法要であった。


新しい季節を迎え、新たな生活を送る若者もいるに違いない。


これからの生活に希望や不安も有るかもしれないが、ご先祖様に感謝し、前に向かい進んでいってと、思う次第である。


微妙?!なんてヤツだ!!

想像しながら読み進めて下さい。


あなたは大切な人の為に料理を作ろうとしています。 


相手の好みを聞いて、その料理のレシピを調べて、食材を買いに行き、色々な下準備をして、手間ひま掛けて作りました。


キレイに盛りつけられたその料理を食べながら、今までの経緯を話しました。


そして相手は一言『微妙』と呟きました。


あなたや隣でこの会話を聞いている大多数の人は『なんてヤツだ!』と、思う事でしょう。


しかし、この表現方法は間違ってはいないのです。 


本来この『微妙』は『みみょう』と読みます。


これは仏教用語なのですが『言葉では表現することができいなほど、とても素晴らしい』という意味なのです。


しかし現代ではいつの間にか、『素晴らしい』という表現がカットされて使われる事がほとんどです。


時代と共に言葉の意味が変化していくことは仕方のないことですがね…。


最近では若者言葉として、『ビミョー』と書きます。


これは、良いか悪いかの中間で使われるそうです。


つまり明言したくない時に用いられる現代用語となってます。


では、もしお釈迦さまが今の時代に現れたら何と言うでしょうか?


色々と思う事はあると思いますが…『微妙』と呟くのではないでしょうか。


お釈迦さまが生きていた約2500年前に比べれば、様々なものが変化して、『言葉では表現することができなほど、とても素晴らしい時代だ』と思うかもしれません。


しかし、本来の言葉の意味が忘れさられた事については『ビミョー』とおっしゃるのではないかと思う今日この頃です。

 


今月の聖語

日蓮宗 ポータルサイト 「今月の聖語」より
日蓮宗 ポータルサイト 「今月の聖語」より

=仏の心=

仏とは、円かなる心を持った人のことです。


その人の存在で、その場が和み、円くおさまる。


そんな人を「仏さまのような方」と言います。


このような人になるには、何かに導かれなければなりません。


導きの師は、人とは限りません。小説や映画であったりもします。


また反面教師の場合もあります。


その存在を信じるとき、導きの師は様々な姿で現れます。


あなたを仏に育ててくれる師の存在を信じて下さい。

 

『身延山御書』

 このご遺文で日蓮聖人は、晩年心やすく住まわれた身延山の風光を語られながら、ご自身のそれまでの人生を感慨深く語られています。

 まず、お釈迦さまがお悟りを開かれるまでの修行の姿や、法華経の物語に、ご自身を重ねられ、信仰には導きの師が肝心であると示されました。

 多くの説話を引用されながら、信仰の深い世界を独白するように説かれた同書は、心に染み入ります。

弘安五年(一二八二) 聖寿六十一歳

日蓮宗 ポータルサイト >>>>http://www.nichiren.or.jp


教えて!お上人さん

〜仏事の質問箱〜

Q_木魚の意味を教えて下さい。

 

A_木魚はお経を読む時の早さを調節する道具です。


(ちなみに日蓮宗の多くのお寺では木鉦(もくしょう)を使っています。)


木魚は昔、木魚鼓や魚版と言う、魚の形をした木の板でした。


真ん中をくり抜き、その板をならすと低い音がでるのです。


その音の叩き方や音の回数によって一日の行事の開始や終わりや食事など、様々な合図を送っていました。


さて、なぜ魚をかたどっているかというと…魚は昼でも夜でも眼を閉じませんよね。


つねに魚のように寝ずに頑張れ。


むさぼらずに勤め、励むように!という激励の意味で魚の形になっていると言われています。


つまり、ポクポクと鳴る木魚の音は、しっかりやれよー!という呼びかけの声と言う事ですね。

これが木鉦です。
これが木鉦です。

お家で旅気分

〜皆さんの旅行体験をお聞かせ下さい〜

埼玉県加須市 ジャンボこいのぼり

埼玉県加須市 ジャンボこいのぼり
埼玉県加須市 ジャンボこいのぼり

このジャンボこいのぼりは、毎年5月3日の市民平和祭に現れるそうです。


開催場所は埼玉県加須市の利根川河川敷緑地公園です。


この巨大こいのぼりは加須市が所有しているとの事です。


全長は100mもあり、重さはなんと330kgもあるそうです。


ちなみに口と目玉の直径は10mです。


そんな巨大なこいのぼりは全く想像がつきませんね。


頭に浮かぶ文字は『デカそうだ…』くらいでしょう。


写真に移っているこいのぼりと人を比べると、なんとなくわかりますね。 


ここ加須市はこいのぼりの生産量が日本一だそうです。


この名産を活かすために加須市青年会義所が中心となり1988年に初代ジャンボこいのぼりが誕生したそうです。


手書きが主流だった加須市のこいのぼりも時代とともにプリントに変わってしまいました。


現在、手書きで作っているのは1軒だけだそうです。


初代はハワイで。三代目はドイツで遊泳させた経緯もあるようです。


ちなみに現在のジャンボこいのぼりは四代目だそうです。


こいのぼりには男児の出世と健康を願う意味があります。


今年の端午の節句には息子さんやお孫さんと一緒にジャンボこいのぼりを見に行き、これからの成長を願ってみてください。


今月のまいう〜♪

〜美味しさは、明日への活力!!〜

クローバー(イタリアン/パスタ)

クローバー(イタリアン/パスタ)
クローバー(イタリアン/パスタ)

イタリアンと書きましたが、コテコテのイタリアンレストランでもなく、洋食屋でもない。


あくまでもメニューに載っているのがパスタとピザとサラダなので、イタリアンではあることは間違いないのですが…。


あえて言うなら、『店主がこだわったパスタ屋さん』とでも言っておきましょう。


でもですよ。ここのパスタに満足する事は間違いないです。


その理由は…1.9mmの太っい麺が決め手であることは誰の目にもあきらかです。


好みがあるとは思いますが…ふと思い出す絶妙な味付けがリピート率を高めています。


大鍋で茹でる迫力は一見の価値有りです。


ご夫婦で切り盛りしているこのお店は店主の職人気迫が出ていてピリピリ感を味わえるのもここの特徴です。


昔ながらの製法で作るタラコのパスタは絶品中の絶品。


ピザのオススメはガーリックです。騙されたと思って食べてみて下さい。

 

 

クローバー(イタリアン/パスタ)

住所 千葉県松戸市松飛台155-4

電話 047-384-1825

営業時間 昼 11:30~14:15

     夜 17:00~20:30

定休日 月曜日・金曜日

新京成電鉄くぬぎ山駅西口 徒歩15分


Q_何で閻魔大王様が有名なんですか?

A_閻魔大王様は天国に行くか地獄に行くかを決める王様だからです。


1週目は殺生。(ちなみにここで三途の川を渡ると言われています。)


2週目は盗み。


3週目は邪淫。


4週目はうそ。


それぞれの週で生前の罪の審判を下す地獄の王様によって取り調べを受けます。


そして5週目は大御所の閻魔大王様です。(ちなみに閻魔様の所にいくには”業江”という川を渡るそうです。川幅はなんと1500kmもあるそうです。。。本当かどうか知ってる方いますか?)


さて、閻魔大王様は今までの取り調べを元に行き先を決めます。天界か。はたまた地獄界か。


ここで閻魔様は1つのアイテムを使います。


『浄玻璃鏡(じょうはりのかがみ)』です。


この鏡は生前の善い行いと悪い行いの見極めに使用する水晶製の鏡です。


この鏡の前ではいかなる隠し事もできません。


なぜなら、生前の全ての行いが鮮明に映し出されるからです。


もし仮にここで嘘をついていることが判明した場合…。


そうです。皆さんご存知の通り、閻魔様に舌を抜かれてしまいます。


更に、ここで映し出されるのは自分自身の人生だけではありません。


その人の人生が他の人にどんな影響を及ぼしたか?


その結果、さらに別の人がどんな影響を受けたのか…。


といったことまでがわかるというのです。


この鏡の本当の目的は、罰するためではなく、自分の罪を見せることで反省させる為のものといわれています。


裁くのではなく、自ら裁かせると言ったところでしょう。


閻魔様は反省の態度を見て行き先を決めるのです。


これだけ面倒を見るのであれば、閻魔様は有名になりますよね。


ちなみに6週目は天界や地獄界の細かい行き先。


7週目はその先での寿命や性別を決めると言われています。


罪が重かった人の救済措置として一周忌や三回忌などの法要を心から行うと罪が許されるそうです。


ここで生前の功徳が活かされる訳です。


生前の功徳。


つまり生きている間にどれだけ他の人に感謝をしてきたか?


他の人の為に良い行いをしてきたか?


その結果が回忌法要に現れるということです。


どうですか?あなたは大丈夫ですか?

 


今月の行事

4月8日(水)13:00〜 

花まつり


4月12日(日)13:00〜 

題目講


4月24日(金)14:00〜 

写経会

老人ホームの慰問祈祷会にて 明応(左)知応(右)
老人ホームの慰問祈祷会にて 明応(左)知応(右)



花鳥風月だより PDF閲覧版

平成27年4月 第13号 計4ページ

>>>>詳細はここから


花鳥風月だより ダウンロード版

ダウンロード
平成27年4月 第13号.pdf
PDFファイル 6.0 MB

最新号をいち早くお知らせ。

最新号のご案内をLINEまたはメールでお知らせしております。

詳しくはここから

>>>>【最新号のご案内】



皆様からのご意見、ご感想をお待ちしております!

メモ: * は入力必須項目です