住職の一言

  お彼岸を無事に終えることが出来ホットしている今日この頃です。

 

お彼岸時期になると彼岸花、別名曼珠沙華は何故か不思議なことに咲き出します。

 

誰彼が咲けと指図する訳でもないのに、毎年お彼岸を迎える為、ご先祖様を迎える為に、咲いている様です。

 

また曼珠沙華(まんじゅしゃげ)とは、サンスクリット語(古代インド語)で天界に咲く花という意味で、おめでたい事が起こる兆しに、赤い花が天から降ってくる、と言う法華経の経文も有ります。

 

それにしても、今年の九月は例年より雨が多く、北海道・東北を始め、台風の影響で犠牲に成られた方、甚大な被害に遭われた方も大勢いることでしょう。

 

心よりお悔やみ申し上げ、重ねてお見舞い申し上げます。合掌


日蓮聖人と桃太郎の共通点

桃から生まれた桃太郎。

 

成長した桃太郎は村人を悩ます鬼を退治するため、キビ団子を持って鬼ヶ島へ向かいます。

 

途中で出会った猿と犬とキジと協力して見事に鬼を退治する。

 

この『桃太郎』は誰でも知っているおとぎ話です。

 

こうしたおとぎ話の多くは善を勧め悪を懲らしめるという、いわゆる『勧善懲悪』を説いた子どもの教育物語です。

 

ちなみに、ここに出てくる猿は知恵を、犬は恩を、そしてキジは勇気をそれぞれ象徴しています。

 

そしてこの桃太郎は気は優しくて力持ち。

 

と、いうように強いばかりでなく、大変優しい人でもありました。

 

このような見方をすれば桃太郎をはじめ、金太郎や浦島太郎にしても、おとぎ話に出てくる人は優しくてしかも力のある人間像が描かれています。

 

力ある人間はその力を誇り、力のない人間を虐げたりする事があります。

 

しかし昔からある日本人の理想像として力があり優しい人というものがあります。

 

そういう点でいえば、日蓮聖人はまさにその理想像そのものでした。

 

波瀾と激動の六十一年のご生涯は法華経を広めようと、何事にも恐れずに立ち向かっていきました。

 

その一方、自然や人間をこよなく愛し、特に親子や夫婦の愛、そして別れに対して多くの手紙を書かれました。

 

その中には読む者の涙を誘うほどの優しさも滲みでております。

 

『鳥と虫とは鳴けども涙おちず、日蓮は泣かねども涙ひまなし』とおっしゃっています。

 

ただひたすらに周りの人を気遣い、涙を流す優しさもあったことが伺えますよね。

 


今月の聖語

日蓮宗 ポータルサイト 「今月の聖語」より
日蓮宗 ポータルサイト 「今月の聖語」より

= お題目は慈悲の教え=

乳飲み子を育てる母親は、自分のことは二の次にして、ただただ赤子のことを思って毎日を過ごします。自分のためだけではなく、世の中のすべての安らぎを祈るのが「南無妙法蓮華経」のお題目。赤子のためにいっしょうけんめいな母親の姿と重なるものがあります。

 

 赤ん坊が母親の慈愛を理解するのは、ずっと後のこと。大きくなってはじめて分かることです。成長した後も、私たちには、暮らしのなかで見逃してしまっている大切なことがたくさんあるのではないでしょうか。

 

『諫暁八幡抄』

 本書には、法華経守護を誓約する八幡大菩薩を祀る鎌倉鶴岡八幡宮が炎上した原因が説かれています。それは氏子の北条氏が法華経の行者を迫害した故に八幡大菩薩が自ら社殿を焼き天上へ昇ったというのです。そこで聖人は改めて八幡大菩薩に対して法華経の行者を守護すべきであると諫められました。

 この一節は仏の御心を体する者として、聖人ご生涯の一大目的を明かされているのです。 

弘安3年(1280) 聖寿59歳

 

日蓮宗 ポータルサイト >>>>http://www.nichiren.or.jp


教えて!お上人さん

〜仏事の質問箱〜

Q 熨斗袋(のしぶくろ)の右上についている折り紙は何ですか?

A_あの折り紙は熨斗(のし)の包み紙です。

 

もう少し詳しく説明しますね。熨斗とは『のしアワビ』の事を言います。

 

現在の熨斗袋の右上に貼り付けられてある、色紙を剣先の形に折った物の真ん中にある、黄色く細長い形をした物が熨斗です。

 

昔はお祝いの時に鮑(あわび)の肉を薄く切り、火のしを使って平らにのばしたものを贈答品に添えていました。

 

のしアワビの一片を色紙に包み、汚れのないしるしとして贈る縁起物なのです。

 

従って、本来はお祝いの品として『熨斗』を送るものなのです。

 

しかし現在では『のしアワビ』を模した装飾的なものを、お祝いのしるしとして用い、熨斗の代わりに現金を用いる場合がほとんどです。


お家で旅気分

〜皆さんの旅行体験をお聞かせ下さい〜

宮城県刈田郡蔵王町 御釜(おかま)

蔵王連邦にある『御釜』は蔵王刈田岳、熊野岳、五色岳の3峰に抱かれた円型の火口湖です。

 

名前の由来はいたってシンプルです。

 

釜状なので『御釜』という名前がつきました。

 

湖面のエメラルドグリーンの水が、荒々しい火口壁と対比して神秘的な雰囲気を出しています。

 

冬の樹氷と共に蔵王の象徴でもあります。

 

さて、この『御釜』は今まで26回の噴火を繰返し、最近では明治28年2月15日に噴火しました。

 

また、湖の深さについては、昭和14年に測深した時は深さが63mありました。

 

しかし、五色岳断崖の崩壊により年々埋まってきており、昭和43年の測深時には最大深度が27.6mという計測結果がでました。

 

水は常に淡い緑色に濁っており、その色調は季節によって変わります。

 

湖水は強酸性のため生物は一切生息できません。

 

水温は表面から10数mの深度で2℃まで下がります。

 

しかし、それより深度を増すと温度が高くなるのです。

 

これは特殊双温水層といいます。

 

『御釜』の湖は世界でも例がない特殊な湖なのです。

 

また、太陽光線の当たり方で様々に色を変えるため『五色湖』とも呼ばれています。

 

『御釜』周辺の紅葉を間近で見るには10月下旬が最適です。


今月のまいう〜♪

〜美味しさは、明日への活力!!〜

焼肉 まさ実や

東松戸にあるまさ実やさんは、『こだわりの素材で美味しいがおもてなし!!』がキャッチフレーズの焼肉屋さんです。

 

独自のルートで仕入れた食材は、良質な素材にとことんこだわったものをお値打ち価格で提供しています。

 

店内はボックス席や小上がり席に加え、カウンター席があります。

 

その時の用途に合わせて選べるのもポイントですね。

 

店内は広々しているので、ゆったりとまさ実やさん自慢のお肉の味を存分に楽しむことができます。

 

スタンダードのお酒はもちろんのこと、マッコリなどのお酒も充実しています。

 

寄り合いの宴会やご家族での食事会、素敵なカウンター席があるのでデート帰りのカップルや仕事帰りに一人で行っても美味しいお肉を堪能できます。

 

また、貸切での宴会も受け付けてくれます。

 

もう心ゆくまでまさ実やさんのおもてなしを堪能できますね。

 

オススメです!

 

 

焼肉 まさ実や

住所 松戸市東松戸1-3-13

電話 047-387-2917

営業時間 17:00~24:00(L.O.23:15)

定休日 火曜日(祝日の場合は水曜日に変更)

JR武蔵野線東松戸駅 徒歩1分


『阿吽の呼吸』方法とは

一人はカッ!と口を開き、もう一人はキリッ!と口元を結んでいる。

 

そうです。仁王様です。

 

大きなお寺の門の両側に立っているお姿を見かけた事があるのではなでしょうか?

 

開いている口を『あ』。結んでいる口を『うん』と言います。

 

『あ』は吐く息、『うん』は吸う息。この吐く息と吸う息を交互に繰り返すことを『呼吸』といます。

 

当たり前ですが、私たちは呼吸をしているから生きています。

 

息をしなくなったら死んでしまう訳です。

 

あらゆる生き物は例外なく呼吸をしてこの世に生きていますよね。

 

普段は何気なく呼吸をしている私たちですが…時には意識的に呼吸をしてみてください。

 

気持ちを落ち着けて、下っ腹に力を入れて息を吐く。

 

体中の毒素を全て吐き出すような気持ちで、なるべく長く吐き出す。

 

鼻からも口からも体内の空気は外に出て行きます。

 

自分が周りと同化してとけ込む気持ちになります。

 

つまりこれが『阿(あ)』の呼吸です。

 

そして次に口を閉じます。

 

鼻から息を吸い込む。

 

少々大げさに言えば身体全体が大自然の要素を取り入れることになります。

 

つまりこれが『吽(うん)』の呼吸です。

 

このように『あ』の吐く息と、『うん』の吸う息を繰り返していく。

 

私たちの心と大自然が交互に交流しあう。

 

まさに『阿吽の呼吸』という訳です。

 

一日のうち、ほんの二、三分でかまいません。

 

朝起きた時、仕事の合間、寝る前のひと時、ほんの僅かな時間にこの阿吽の呼吸を実践してみて下さい。

 

床の上に座ってでもいいですし、お仏壇の前ならなお結構です。

 

きっと爽やかな気持ちになると思います。ぜひやってみてください。


今月の行事

10月12日(水)13:00~ 

題目講

 

10月17日(月)

10月子安堂大祭

 

10月18日(火)

七面堂大祭

 

10月28日(金)14:00~ 

写経会

子安堂大祭にて
子安堂大祭にて


花鳥風月だより PDF閲覧版

平成28年10月 第31号 計4ページ

>>>>詳細はここから


花鳥風月だより ダウンロード版

ダウンロード
花鳥風月だより h28.10_No.31.pdf
PDFファイル 2.1 MB

最新号をいち早くお知らせ。

最新号のご案内をLINEまたはメールでお知らせしております。

詳しくはここから

>>>>【最新号のご案内】



皆様からのご意見、ご感想をお待ちしております!

メモ: * は入力必須項目です