住職の一言

 新緑が目に眩しい季節となりました。

 

ついこの前まで、丸坊主だった紫陽花や百日紅等が青々と繁っています。

 

 先日中山で、全国から百数十人のお上人さんが集まる大会が有りました。

 

旧知の方々と楽しく一晩の懇親も有り、慶国寺からは私も含め4人参加しました。

 

小さかった子供達がいつの間にか全員お坊さんに成り、このような機会に恵まれるとは、なんと幸せなことか、感謝せずにはいられません。

 

次の日の解散式の席上、次年度開催地の熊本のお上人が、感極まって涙しながら、挨拶されたのが忘れられません。

 

まだまだ困難な状況が続く中、大変な苦労が忍ばれ、是非来年は、熊本の地を訪れたいと思いました。

 

目に見えること、目に見えないこと、大切にしたいものです。


苦難の先にあるものとは?

人間は誰しも災難や不幸が無いに越たことはありません。

 

誰もが災難や苦労が無い、いわゆる『恵まれた人生』を欲するのが当たり前だと思います。

 

ですが、ここでよく考えてみましょう。

 

苦しいことや辛いことを避けてばかりの人生に本当の満足感や充実した日々の生活があるのでしょうか。

 

例えば、山登りは辛いものです。

 

自分の足で登ると決めてスタートしたものの、目の前の辛い現実から逃げるようにリフトやロープウェイに乗って頂上まで、ものの数分で着いたとします

 

そんな山登りにどんな価値がありますか?

 

ひと足ひと足を踏みしめ、汗を流して登ったあとの、頂上での心地よさや清々しさはないと思います。

 

人生とは苦難を力強く受け止めて、たくましく歩んで行くものです。

 

日蓮聖人もまた多くの苦難の人生を送ったかたです。

 

その苦難は法華経を広めるという目的のために起こるべくして起こった難でした。

 

誰しも自分の到達しようとする目的のために、思わずふりかかった災難にもくじけず、最善の努力をもって生き抜いてゆく姿は美しいものです。

 

この人生は一度しかありません。

 

気楽に生きることだけが本当の幸せでもないと思います。


今月の聖語

日蓮宗 ポータルサイト 「今月の聖語」より
日蓮宗 ポータルサイト 「今月の聖語」より

=正しき流れ=

 邪な教えは、正しい教えが現れたとき消える運命です。これを古来「源竭れば流れ尽きる」と表現してきました。

 

 また逆に、正しい教えは源まで遡ることができるので尽きることはありません。それは、正しい教えを絶やしてはならないことも意味しています。

 

 どのような災害、苦難の中でも正しさを身に着けていれば、流れは尽きることはないのです。 どうか合掌して、身体と心を正しく持ち、過去から現在、そして未来へ祈りを捧げましょう。

 

 

『実相寺御書』

 この書は、現在の静岡県富士市の本山実相寺(当時は天台宗)に住まいしていた日蓮聖人の弟子の日源上人が、実相寺住僧から質問を受け、聖人がその質問に答えた書状です。

 聖人は、その住僧の経論の誤読を示され、正しい解釈を述べられました。そして、邪な教えは尽きると説かれたのです。

 このご遺文は、実相寺内において、聖人の弟子への迫害があり、それに対する激励と訓示の書でもあります。

 

 

建治四年(一二七八) 聖寿五十七歳

日蓮宗 ポータルサイト >>>>http://www.nichiren.or.jp


教えて!お上人さん

〜仏事の質問箱〜

Q_仏壇のご飯はいつ下げればいいのですか?

A_仏様にお供えしたご飯を仏飯(ぶっぱん)といいます。

 

この仏飯と同時にお茶をお供えしていると思いますが、一般的にお昼時までに下げることが望ましいとされています。

 

その理由ですが、かつてインドでのお坊さんの戒律に、食事は正午を過ぎて食べてはいけないという規定がありました。その習わしに沿っての事です。

 

また、仏様にお供えしたご飯は捨ててはいけません。

 

なぜなら、ご先祖様と一つのものを食すことで、同じ一つの命のつながりをもつことと同じだからです。

 

夏など暑い季節は変質したりする場合があるので、朝のお参りが終わったら下げてしまってもかまいません。


お家で旅気分

〜皆さんの旅行体験をお聞かせ下さい〜

岩手県岩泉町 龍泉洞 (りゅうせんどう)

龍泉洞は日本三大鍾乳洞の一つです。

 

洞内に住むコウモリも含め、国の天然記念物の指定を受けています。

 

『奥に広がる青の世界』というキャッチフレーズの通り、湧き出る清水が数カ所に渡って深い地底湖を形成しています。

 

全部で7つの地底湖があり、第3地底湖の水深は98m。

 

未公開の第4地底湖は水深120m以上あるそうです。

 

鍾乳洞の全長は平成24年11月現在で約3.6kmまで確認されています。

 

昭和43年に洞窟探検家が潜水事故を起こしてしまった為、それ以来、本格的な調査がされていません。

 

未知の部分もまだまだ多く存在しており、あくまでも予測数値としては5km以上あるのではないかと言われています。

 

現在公開されているのはそのうちの700mです。

 

地底湖においては3つが公開中です。

 

水の透明度は世界一とも言われるほどです。

 

その水は飲料水としても販売しています。

 

地下深くに潜り込んだ沢の水が、地底湖で湧出し、良質の腐植土によって濾過された天然水だそうです。

 

とても神秘的な空間で龍泉洞を一度でも見れば忘れられない感動を味わわせてくれることでしょう。

 

平均気温は年間を通して10度前後なので、夏場に行く際も羽織るものが必要です。


今月のまいう〜♪

〜美味しさは、明日への活力!!〜

中華麺工房 男爵 市川店

JR市川駅南口に創業して40年のラーメン専門店『男爵』

 

さっぱり系やコッテリ系、トロミのある物から、冷やし系まで、豊富なメニューのラインナップに目移りしてしまいます。

 

ここは麺類だけが美味しいわけではありません。

 

一番のオススメはジャンボ焼餃子です。

 

普通の3倍の大きさで、2本、4本、6本からオーダーできます。

 

数量の単位が『本』であるのも特徴です。

 

その理由は運ばれてきた餃子を見て納得するでしょう。

 

細長く、そして大きいからなのですね。

 

皮は厚みがありしっかりしていて、餡はなめらかでウマウマ~♬です。

 

これから暑い季節となり、ラーメンはちょっとな~と敬遠する方も多いと思います。

 

そんな時は男爵の『冷やし中華』を食べてみてください。

 

周辺に住んでいる冷やし中華好きの方は解禁日を待ち遠しにしているそうです。

 

その証拠に多数のリクエストがあり5月から提供を開始する程の人気ぶりです。

 

 

中華麺工房 男爵 市川店

住所 市川市市川南1-1-1 ザ・タワーズイースト1F

電話 047-326-8067

営業時間 11:00~24:00(L.O.23:50)

定休日 火曜日

JR総武線 市川駅 南口より徒歩0分 

 


お供え物に『饅頭』を用いる理由とは?

お供物の代表格でもある『饅頭』。

 

では、どうして饅頭をお供えするのでしょうか。

 

その起源は諸説ありますが、今日はそのうちの一つをお話しします。

 

それは中国の故事によるものです。

 

三国時代の軍師、諸葛孔明(しょかつかこうめい)は国政を補佐していた筆頭であることはとても有名ですよね。

 

そんな孔明が軍を率いて、戦いから勝利し帰る道中のことです。

 

蘆水(ろすい)という川にさしかかりました。

 

しかしその蘆水が氾濫していて、一隊は渡ることができません。

 

この氾濫の原因はどうやらこの蛮地(ばんち)という土地に残る数々の因縁が関係しているとの情報を孔明は得たようです。

 

この地域での言い伝えでは、『49人の首を切り、その頭を川の神にお供えすれば、氾濫したこの水を抑えることができる』といったものでした。

 

いやいやいや。49人の大事な命を差し出すことはできない。

 

そう言って、その言い伝えを跳ね除けた孔明は策を練りました。

 

小麦粉をこねて人の頭の形をしたものを49個用意しました。

 

命はさし出せないが、帰りの道中で必要な食事の材料(つまり、命をつなぐもの)を代わりに差し出したということです。

 

これを川の神に捧げたところ、みごとに氾濫がおさまり、水が引いたとのことです。

 

その後、小麦粉をこねて作った丸いものの中に豚などの肉を入れて蒸し上げたものを『蛮頭(ばんじゅう)』と呼ぶようになりました。

 

人々はこの蛮頭には大地を鎮める力が宿っていると信じられるようになりました。

 

この蛮頭の呼び方がいつしか饅頭にかわり、仏様や神様に捧げる神聖なものとして広く伝わりました。

 

そうそう。体や心を癒す温泉街で売っている『温泉饅頭』有名な温泉街では必ずと言っていいほどその地域の特色をいかした『温泉饅頭』を見かけますよね。

 

その地域の神様、ましては温泉の源でもある水神様を祀り、大事にしている証拠ですよね。


今月の行事

6月12日(日)13:00~ 

題目講

 

6月24日(金)14:00~ 

写経会

行脚の太鼓を叩く直応(三男)
行脚の太鼓を叩く直応(三男)


花鳥風月だより PDF閲覧版

平成28年6月 第27号 計4ページ

>>>>詳細はここから


花鳥風月だより ダウンロード版

ダウンロード
平成28年6月 第27号.pdf
PDFファイル 2.7 MB

最新号をいち早くお知らせ。

最新号のご案内をLINEまたはメールでお知らせしております。

詳しくはここから

>>>>【最新号のご案内】



皆様からのご意見、ご感想をお待ちしております!

メモ: * は入力必須項目です